work

サービススタッフ/ATこもの店 矢野 周

サービススタッフ/ATこもの店
矢野 周 2013年入社

今はまだナンバー3。いつかは、みんなに頼られる工場長に。

時間の余裕と心の余裕が、お客さまを喜ばせる。

車は昔から好きだったので、高校卒業後は整備の専門学校に行って技術を学びました。うちの家族は、車と言えばホンダ。両親がホンダカーズ三重で車を買っていたこともあって、会社は身近な存在でした。入社して1年目は、正直余裕がありませんでした。勉強していたことは活かせましたが、作業のスピードに慣れるのが大変でした。学校では時間が決められていなかったのでゆっくり作業ができましたが、仕事では時間への意識が違います。たとえば点検には時間が決められていて、間に合わないとプロの仕事ではありません。半年ほどしてようやく時間配分ができるようになりました。

余裕ができてからは、お客さまが喜ぶことを心がけています。子どもを連れたお客さまが車を点検に出された時、洗車して室内清掃をしたことがありました。点検が終わった車に乗って、「パパ、車がキレイ!」とお子さんが喜んでくれたときは、やって良かったなと思いました。お客さまにありがとうと言われたり、喜んでいただくことが、仕事をしていていちばん嬉しい瞬間です。

まずは存在感のある、一人前の整備士に。

2年目で、新店舗立ち上げのメンバーになりました。新しい店舗には整備士は自分を含めて3人だけ。自分の実力で大丈夫なのか、どんな先輩と働くのだろうかと、初めはとても不安でした。しかし実際に配属されると、工場長もチーフもすごく良くしてくれて、今では冗談を言える仲です。休日はフットサル仲間でもあるんですよ。

働きはじめて4年が経ちましたが、今でもわからないことがあるし、困った時は先輩方に頼りっぱなしです。そんな僕ですが、いちばん嬉しいのは、お客さまが「あの人に整備をお願いします」と車を持ってきてくれることです。以前僕とお話したことを覚えていてくださったり、前に一度整備したことのあるお客さまに指名していただくときは、大きなやりがいを感じます。僕はいつか、誰からも信頼され、尊敬される工場長になりたいと思っています。そのためには、いろんな作業から経験を得なくてはいけません。自分から手を挙げて新しい仕事にどんどん挑戦して、目標を実現させていきたいです。

サービススタッフ/ATこもの店 矢野 周